メンズと婦人

オフィスデスクを変えると仕事も楽しくなる│オフィスチェンジャー

  1. ホーム
  2. 新しい考えがある

新しい考えがある

女性

オフィスデザインを考える

会社の移転やレイアウト変更に伴いオフィスデザインが必要になります。担当者にとっては、頭の痛い仕事ですが、職場で働くスタッフ全員にとって非常に重要なテーマです。かつては、セクションごとに島ができ、壁の周囲にはグレーのキャビネットが並ぶ、というのがオフィスデザインの定番でした。しかし、時代が変化し、特に多くの外資企業やIT企業の先進的かつ機能的なオフィスデザインが注目される中、次第に一般企業の間にも、オフィスデザインに対する新しい考え方が拡がってきました。オフィスデザインを外部に委託することは珍しいことではなりません。オフィスの内装工事やオフィス家具、什器類、消耗品サプライ企業など多くの会社が提供しています。

多様化するニーズに応えてくれる

オフィスデザインには、内装工事、オフィス家具や什器類の調達、照明器具、IT化、セキュリティーシステム、パーテーションなど幅広いジャンルの知識と経験が求められます。オフィスで働くスタッフが快適に仕事に集中できる環境を整えることがオフィスデザインの重要な目的の一つです。業務の内容や特徴、スタッフの動線や時間帯別の傾向、自然なコミュニケーション環境の醸成など、最近のオフィスデザインには人間工学という観点からの検討も重要視されています。どのようなオフィスにしたいかというコンセプトに基づいたプランを作成できる専門の業者を選ぶことで、働く人にとって、より快適な時間を過ごすことができる職場づくりが可能になります。費用対コストという観点から、多様化するニーズに応えることのできる業者の選択が重要です。